LINK
ローンキャッシングした場合、返済自体をする時には金利分を含めての返済になるのは知っているはずです。カード会社は営利を目的とした業者なのですから当然です。ですが返金する方は、ちょっとでも少なく支払いたいと思うのが本心でしょう。利息制限法が定められる一世代前は、30%近い利息を払っていましたが、定められてからは高額でも18%位とかなり低く決められているので、かなりリーズナブルになったはずです。現在の融資の利息幅は4%位から18%位の間が設定されていて、利用可能額により設定されます。使用可能額は申請者の信用度によって決定します。総量制限により一年の収入の1/3までと定められていますので、年収がどれほどあるのか?どんな職業についているのか?キャッシングカードの使用履歴はどうなのか?などが審査され与信金額としてカードの内容が決まります。カードを使ったキャッシングの場合使用可能額が10万円〜800万円(各社で内容は異なります)と広い範囲があります。こうしてその間の中で決定した利用できる額により利息も決まるのです。50万円なら年率18%、300万円なら年12%、800万円なら4%といった具合になるでしょう。要するに信用度が高ければ、与信額も多くなり、利息も下がります。この利子に疑念を感じるのは僕だけでしょうか?余談になりますが、金融会社にとって、これらは無論問題がない事でしょうが、年の収入の多い人がお金の借入れの必要があるとは思えませんし、もしローンサービスを利用したケースでも利子がどうであると返済に追われる事はないと思います。反対に年収悪い人はすぐさまお金がほしいから融資を受けるという方が大半です。利率が多いとお金の返済に苦労するなるはずです。ですから使用可能幅の低い人にこそ低金利で活用できるようにする必要があるのではないでしょうか。この見方は活用する視点からの考えではあります。この事実を考えると、利息を少なくする為にはどのようにすれば良いのかおぼろげながら理解したはずです。実際にこれから記述方法で、申請する人がたくさんいるので教えますと、キャッシングの手続きに申込みをする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりの額まで申込みを行うのです。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円でこのキャッシング審査で申し込んだ満額通ればその分だけ利子が良いクレジットカードを手に入れることができるはずです。であってもMAXギリギリまで利用しなければならないわけでもないのです。1万円でも50万円でも必要な分だけ使用できます。そのうえ最高利用金額が300万円で最低利子年間7%位のローン業者も存在しますので、その業者に手続きをすればその金融会社の最低利息で受ける事ができるようになるはずです。どう感じましたか?アプローチ次第で低利子のキャッシングカードを持つことが出来るようになります。自分の年収と金融業者の利率を比較し、調査さえ怠らなければ、より有利な契約で借りれるのですから、しっかりチェックするようにしなければなりません。