LINK
クレジットカード請求の口座引き落とし遅延が多い。口座引き落としについて不履行をしてしまうまでいかなくともカード代金の引き落とし日時点において銀行口座残高が足りず、カード代金振り替えができないということが複数回起こっている時、カード会社が『常に債務超過であると思われる』というように判断してしまうために没収ということになるケースがあります。現金はたっぷりあるのにもかかわらずうっかり口座残高不足になったしまったなんていうことをしていてもカード発行会社に言わせれば信用の置けない会員というステータスになってしまう恐れがあるために、借入をしているか否かということは関係なく没収させられてしまう場合も事実としてあるので十分注意しましょう金銭にだらしのない会員への判断というのはやっぱり良くないのです。加えて、ただの一度でもこういった利用料金の引き落としが不可という事実があるとカードの期限まで利用できても利用更新が不可能になるケースことがあるのです。重大なものなのだと理解し銀行振替日だけは何があっても記憶するようにしてほしい。カードキャッシュ化などを使う:カードのキャッシング枠がすでにいっぱいになってしまい、これ以上金融機関からもキャッシュを貸してもらえないことでクレカ現金化などと呼ばれるようなカードのショッピング限度額を利用した方法を使用してしまうと、その事実によりクレジットカードが強制退会という処理がされる場合も存在します。基本的にはクレジットカード会社はカード規約にて現金化する目的のクレカでの決済ということを認めていないからカードの現金化を目的とした利用=違反=没収という処分になってしまっても不思議な話ではないのです。深く考えずにお金が必要だからといって現金化を使用してしまうと、ローン残高について一括払い請求等をされてしまうことも存在するようなので、絶対に使用しないようにしていただきたいのです。