LINK
お風呂は、私にとって一番の幸せな場所です。 特に冬は、「こんなに幸せな場所があるなんて」と一日の終わりに思うことができます。 疲れを癒してくれて、そして、冷えきった体を温めてくれる。 お風呂を考えてくれた人って、素晴らしいと思うのです。 お風呂からあがった後、さっきまで服を脱ぐのもためらわれる位に、寒かった部屋が、「あー、気持ちいい」と裸のままで思うるのですから。 それがしばらくの時間続いて、さっきまで、何をするのも億劫だったのに、お風呂に入った後は、妙に活動的になってしまったりもいます。 本等には、お風呂から出て1〜2時間後に寝るのが良いと書かれていますが、私はお風呂で体が温まっている間に、布団に入ってスゥーっと寝てしまうのが一番幸せだと思うのです。 お風呂の温度も、40度くらいで、長めに入りましょうとあります。でも、どんなに好きでも、お風呂に1時間も使える程、暇ではありません。 42度以上の熱いお湯に、「熱い〜」と思いながら、そおっと入るくらいが幸せです。 正しい入り方、効果的な入り方は色々でしょうが、まずは自分が「気持ちいい」と思えたら、何よりと信じて、私は私のお風呂を楽しんでいます。