LINK

キャッシングというようなものをすることになると月ごとに指定の日、銀行口座から自動の手続きで支払されていくようになっています。

CMで現金自動支払機で返済というのが可能であるということに言及されていますがそれは毎月の弁済というものとは別に弁済する場合のことを言っています。

斯様な返済を前倒し弁済というふうにいい、残額総額に関してを支払い支払を全額早期返済、一部を支払いしてしまう支払いを一部繰上支払と言います。

どういう事かと言うと一時的収入などで金銭に精神的余裕というものが有るケースは、現金自動支払機からや口座送金等により一部金若しくはトータルについてを弁済する事が出来るのです。

なおかつこれ以外に前倒し支払いにはメリットというのがいっぱいあり、弱点といったものはないです。

これの強みとは、別口により弁済する事によって元本総額についてを減ずることを可能なので支払い期間というものが短くなりますので利子に関しても合理化でき返済全額そのものを縮小可能ですので、一石二鳥な支払形式となるのです。

ただ意見したいことは、どんなとき早期弁済しようかということです。

ローン会社は支払い期間と別の〆がというようなものが存在したりします。

例を挙げますと15日〆め日で次月10日弁済だったとしますと15日以降については次の月分の利率というものをひっくるめた弁済金額に決定してしまったりします。

説明すると、15日以降に早期支払いしたとしても、翌月の支払金額というものは決定しておりますのでそういった期間に繰上支払いしても翌月の引き落し金額にはちっとも効果がないのです。

したがって早期弁済が即効力を発揮するには、引き落し日時の明くる日から次回の締め日の前日までの間に繰上返済しておく必要があったりするのです。

そのかわりこういう時の利子の差引というのははなはだ少ないものです。

それ位は気に掛けないと言った人は、随時自由自在に繰上返済してもいいと思います。

そのかわり少額であっても小さくしたいと勘案する方は支払日から〆め日までの期間に繰上支払することをお勧めします。