遠まわしに使うクレジットの仕方は容易です。76-17-56

クレジットにおいて直に購入できない販売物をダイレクトに買い込むのではなく、二次的に購入すれば得策です。76-15-56

説明が明快という理由で、最初にギフト券の実例を用いて解説してみようと考えます。76-14-56

例になる人が一流の服を買いたいと考えて立っています。76-16-56

持ちたい一流のコートを市販しているお店ではクレジットで取引することが出来ません。76-6-56

しかしながらVISA、American Express、Diners clubなどののギフト券でなら許してくれるといっています。76-5-56

という事でモデルとなる若者はクレジットカードで商品カードを購入出来る商品券を売っている場所に行きクレジットカードを利用してAmerican Express、Diners clubなどのギフトカードを購入してみます。76-18-56

次に使ったクレジットカードを活用して注文したAmerican Express、NICOSなどの券を店に持って足を運び買いたかったブランド財布を購入したとします。76-12-56

「一体どうして人物はそういった手間をとらせるやり方をしているのでしょう?」と考える人もいるかもしれませんが実は説明した技法を利用するなら普通もらえることのなかったクレジットポイントがつきます。76-8-56

いつものように、現金を使ってブランド財布を注文したとした場合でもローンポイントは得られませんし、VISA、Diners clubなどの券を現金で注文してから活用してもゲットできません。76-2-56

しかしこの例ではNICOSなどのギフト券をカードで取り寄せしたという理由により価値のある服を買った時と同等の数だけクレジットカードポイントがもらえるという事なのです。

こういう例が遠まわしにクレジットを使った事になるという根拠で間接的カードと呼ばれている手法です。