車の《全損》とは名称が示すとおり全部が壊れてしまった状況で言い換えれば走れないというような移動手段として役をできなくなった場面で使いますが自動車保険においての『全損』は少し同様ではないニュアンスがあったりします。79-7-56

車の保険の場合では乗用車が損害を受けた場合では「全損と分損」という2つの結果に振り分けられ、分損は修理の費用が保険金内でおさまる時を言いそれとは逆に『全損』とは修復の費用が補償額を上回る状態を表します。クラチャイダム王

修復で【全損】と言われると車の心臓、エンジンに取り返しのつかない打撃が存在したり、自動車の骨組みが歪んでしまって修理が無理な場合リユースか処分と判断されるのが一般的です。79-20-56

けれども、交通事故で販売会社や自動車保険会社がこのような修復の費用を推定した際に、いくら見た目が綺麗で直すことができる場面でも修復の費用が保険よりも大きかったら何の目的のために自動車の任意保険にお金を払っているのか分からなくなります。79-16-56

そのような場合は、《全損》と決めて愛車の権利を自動車の保険屋さんに引き渡して補償金を受けとる条件になっています。79-6-56

当たり前の事ながらかなりの間所持した車で思い入れがあり自費で修理をしてでも所持したいという人間は多数いますから状況において保険会社と相談するといいでしょう。79-14-56

なお、車の保険にはそういう場面が想定され特約などの(全損)時のための特約を設けている場面がたくさんあり、万一愛車が《全損》なったケースでも新しく車を買うなどお金を多少なりとも補償してくれる時もあったりします。79-5-56

そして盗まれた際の保険の特約をつけている場合、被害にあったマイカーがどこかへいってしまった場面でも(全損)となり補償されるシステムになります。79-2-56

79-8-5679-4-56