LINK
週刊誌のチラシ、スポーツ紙、電柱に配布されたビラやダイレクトメールで「多重負債の整理整頓任せなさい」「債務を統合したいですよね」などといった惹句を読むことがしばしばです。「整理人」「買取業」「つなぎ業者」という名の企業のだまし広告の場合も存在します。そのようなものを申し込んだケースでは自己破産申し立ての流れの中で最重要な免責許可を受けられなくなる恐れもありえます。「整理人」では、ビラなどで債務者を呼び出し常識外の代金を取り整頓をしますが、負債整理はなされず、債務者は債務地獄に陥るときが大方と考えてください。「買取人」というのは、債務者の借金で、デジタル用品、電車の利用券をいっぱい買わせて、そういった品を購入額の2割あるいは40%で購入するというやり方を使っています。負債者は小金が得られますがいずれカード業者経由で購入品の販売額の返済請求が届くことになり、実際は負債額を上乗せする結果になります。この場合、クレジットカード会社への犯罪行為とされて免責が受けられなくなります。「紹介屋」とは、著名な貸金業者から断られる借金者に関して直接の提供はせずに、提供を可能である別の貸し手を紹介して、サービス料を要求する企業です。紹介業者は自分の苦労で融資できたという口調で報告しますが本当は何もしないまま単に審査の通りやすい企業を説明しているだけなのです。結局は負債を増加させる結果に終わります。