LINK
クレジットカードが無用になってしまったそうした思いが頭をよぎったらカードの使用不可能化(しようふかのうか)をしてしまいましょう。わざわざ定義など無用だというのは百も承知ですがカードの使用取りやめとは本人が保有しているちょうどそのクレジットをもうショッピングなどに行っても買うことの出来ない形にすることである。こちらのページの中でカードの契約解除の段取りから契約解除に関する必要事項などをすみずみまで書いてみることにしました。これをご覧になって頂ければ使用不可能化における心配事をさっぱりと取り除いて頂けるに違いないと思っています。至極簡単に言ってしまうけれども、カードを使用不可能化する方法は楽なのです。「クレジットに申請をしたら、たやすく契約解除するのは大変ではあるまいか」……」といったことや「クレジットカードの解約の手続きが億劫な感じがする?」といった具合に思い込んでしまう人も多いということだが本当はカードの機械読み取り側に印字されてある受付窓口に確認した上でクレカ機能停止の考えを聞いてもらうのみで契約解除が可能(なんと3分ほどの通話で解除完了です)。クレジットカードを作り入会手続きをする場合は信じられない程手間だったはずなのに契約解除の手順はただ数分の電話で完了するの?などという風に驚愕して固まってしまうかもしれません。絶対に契約解除の手順は容易におしまいに出来るのでしょうか?間違いありません。クレジットカードの契約解除の手順は稀な条件を除き、機能停止に際してフォーマットもないばかりか執拗に退会取りやめを迫られるような事態もないでしょう。嘘偽り無しに一度「所持している△△クレジットカードを退会するにはどうすればよいでしょうか・・・」と言う風に話しているオペレーターに向かって言うことが出来れば良い。知人も以前から30枚以上の契約解除するために電話し続けてきた実体験を振り返っても、機能停止についてスムーズに行かなかったような場合は経験していないわけなのでそういった問題については安心して問題ありません。詳しい人から聞いた裏話では使用不可能化をしようとしたらその理由について尋ねられたという事態が存在したらしいのですが、単純にアンケートに過ぎない質問だったらしく、しつこく継続を迫られることも知る限りないと言っていました。都合を説明しなければいけなくなったという場面に出くわしても正直に『使う理由がなくなったと思うから』とか『○○社のクレジットの方が使い勝手に優れていそうだから』という風に伝えれば良いだろう